大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

電池と電気分解の違いとは?丁寧に解説します!

電池と電気分解の違い、説明できますか?

この記事では電池と電気分解の違いについて説明していきます。

 

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

電池と電気分解の違い…簡単に言うと?

電池と電気分解の違いは、簡単に言うならば、

電池は電気を取り出す目的があるもので、電気を取り出す過程で反応が起こるもの

電気分解は、物質を分解する目的があるもので、電気を使って物質を分解する過程で反応が起こるもの

 

つまり、

電池は電気を取り出すもので、電気分解は電気を使って物質を分解するものである。

ということです。

意外と混同しやすいものですが、しっかり覚えておきましょう。

 

ちょっと待った!電気をかけて使うタイプの電池もあるはずだ!充電式の電池はどうなんだ!?

電池には、充電しない使い捨ての電池(一次電池)と、充電式の蓄電池とも呼ばれる電池(二次電池)があります。

車やバイクのバッテリーに使われる、鉛蓄電池や、携帯電話、スマートフォン、ノートパソコンなどに使われる、ニッケル水素電池などがこの充電式の二次電池の代表例です。

 

この二次電池は、電池がなくなってくると、充電(チャージ)して使います。この充電の操作ですが、実は電気分解をしているんです。

電池のなかにも、電気分解をして使用する二次電池があることを覚えておきましょう。

 

今回はここで終わりです。

この記事で出てきたことをしっかり覚えて、受験に役立ててください。

お疲れさまでした。