大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

進行形の受動態~受動態の基本形から変形しよう!~

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

進行形の受動態

 

能動態では現在時制や過去時制の他に、助動詞を用いた未来時制や完了形のhaveを用いた完了時制、~ingを用いた進行形時制などがありますが、受動態でも同様の時制を表すことができます。

ここでは進行形の受動態について見ていきましょう。

 

現在進行形の受動態

 

進行形の受動態はbeingを用いて進行中のこと(進行形)を表します。

受動態の基本形は<S+be動詞+過去分詞>ですが、これに進行形を表すbeingを用いて「~されている(ところ)」という意味を表す進行形の受動態の英文を作ってみましょう。

 

進行形の受動態の作り方は簡単です。

 

受動態の文のbe動詞の後ろ、過去分詞の前に進行形beingを入れる。

 

進行形の受動態の基本形

S+be動詞+being+過去分詞

 

be動詞や過去分詞を進行形~ingに変える必要はなく、beingを入れるだけです。

 

まず進行形~ingを用いた能動態の例文です。

They are building our house.

「彼らは私たちの家を建てている。」

 

これを進行形の受動態に書き換えます。

 

まず、受動態の基本形は<S+be動詞+過去分詞>なので、能動態の文の目的語(our house)を受動態の文の主語に持っていき、be動詞を主語に対応させてisにします。

buildingを過去分詞のbuiltにして、その前にbeingを入れます。

 

Our house  is   being  built.

   S   be動詞 being  過去分詞

「私たちの家は建てられている。」

 

となります。

能動態の文を進行形の受動態に書き換える場合は、慣れるまでは、能動態の文を一旦受動態の基本形にしてから進行形に直す(つまりbeingを入れる)方がよいでしょう。

受動態の過去分詞ということに捉われすぎると、過去分詞のbeenを入れてしまいがちなので、とにかく進行形の受動態ではbeingを入れると、覚えましょう。

 

【ポイント】進行形の受動態ではbeingを入れる!

 

進行形の受動態の否定文は、be動詞の後ろにnotを付けるだけです。

 

Our house is not being built.

「私たちの家は建てられていない。」

 

また、進行形の受動態の疑問文は、be動詞を文頭に持ってきます。

 

Is our house being built?

「私たちの家は建てられているところですか。」

 

このように進行形の受動態であっても、be動詞の文として変形します。

 

過去進行形の受動態

 

過去進行形の受動態もbe動詞を過去形にすることによって表すことができます。

 

Our house was being built then.

「私たちの家はその時建てられていた。」

 

【ポイント】受動態は、あくまでもbe動詞の文であることに注意!

 

過去進行形の受動態でもbe動詞のwasと過去分詞のbuiltの間にbeingを入れるだけです。

 

未来進行形の受動態

 

では、進行形の一つの形態である未来進行形の受動態の場合はどうでしょうか?

未来進行形とは、基本的に意志や計画に関係なく、ある出来事が起こるだろうという意味を表します。

まず、未来進行形の能動態の文を見てみましょう。

 

They will be holding a party at this time tomorrow.

「明日の今頃は、彼らはパーティを開催しているだろう。」

 

この未来進行形の能動態の文を受動態に変えてみましょう。

受動態の基本形は<be動詞+過去分詞>なので、<be動詞+held>が文の中心となります。

これに進行形の受動態に用いるbeingをbe動詞の後ろ、過去分詞の前に入れると、<be動詞+being+held>となります。

さらに未来を表す助動詞willは、動詞(be動詞)の前に置けばいいので、<will+be動詞+being+held>という形になります。

ここで、be動詞は助動詞willの後ろなので原形であるbeとなり、最終的に<will be being held>となります。

 

A party will be being held at this time tomorrow.

「明日の今頃は、パーティは開催されているだろう。」

 

これで未来進行形の受動態の文が完成しました。未来進行形の受動態の形はややこしく感じるかもしれませんが、すべて受動態や助動詞の基本ルールどおりに作れば大丈夫です。

 

【ポイント】受動態は元の能動態を考えると分かりやすい!

  

例題1

次の文を進行形の受動態になるよう( )に適語を入れて下さい。

 

(1) My phone (   ) (   )repaired now.

 

(2) I thought this computer (   ) (   )made in Japan.

 

 

【答】

(1) My phone is being repaired now.

「私の電話は今修理中です。」

 

(2)  I thought this computer was being made in Japan.

「私は、このコンピュータは日本で作られていると思っていた。」

 

例題2

次の進行形の能動態の文を受動態に書き換えてみましょう。

 

(1) Snow will be covering the mountain.

 

(2) Is she preparing breakfast?

 

 

【答】

(1) The mountain will be being covered with snow.

「その山は雪で覆われつつあるだろう。」

 

be covered with~ 「~で覆われる」

◆能動態の主語を受動態にする時に、受動態の動作主をby~「~によって」を用いずに、過去分詞によってby以外の前置詞(withやtoなど)を用いることがある。

 

(2) Is breakfast being prepared by her?

「朝食は彼女によって準備されてるのですか。」