自分と社会の
「ちょっと」先を考える

2020/03/10公開

高校生へのメッセージ「自らに問いかけて」:香里ヌヴェール学院学院長・石川一郎さん

学校改革を仕事にする石川一郎さん。前回(前回記事:「やりたい教育は20年前から変わっていなかった」)は、教師として新卒で赴任した学校での取り組みを聞きました。

その後、一度は教師を辞め、海外を渡り歩いていた石川さんが、再び日本へ戻ります。インタビュアーはtyotto代表取締役の新井光樹です。

かえつ有明の進学校化に成功、次なる1手に「新しい教育」を選んだ

石川一郎さん

石川:それから少しの間、海外をプラプラと渡り歩いていたところで、夏が明けたころに、冒頭でお話しした、かえつ有明中学校・高等学校からのオファーがあったんです。

簡単に言えば学校を進学校へと改革したいという依頼だったわけですが、もともと私はそういう教育を否定してきた人間ですから、正直迷いました。それでもまずはやってみようかということで始めたんです。

私の中では、どうすれば進学高になるかの道筋は分かっていたので、どんどんと生徒が集まってきて、気づけば私の立場は教頭になっていました。抜けられなくなったんです(笑)。

でも、だったらこの立場を活用して色々とチャレンジしてみようかということで、再び「新しい教育」分野の開拓を進めたんです。結局は、私の人生そこに戻されるんですよね。

かえつに難関大学進学コースを立ち上げ、実績も積み上がってきた3年目ごろから、新たに「アクティブラーニング」などの教育カリキュラムを作っていきました。とはいえ、その頃はまだアクティブラーニングという言葉すらなく、日本でそういう教育をしているところもなかったので、先生たちに言っても何もわからない状況です。

そこで私が目をつけたのが、帰国子女の生徒とネイティブの教員でした。どうせいってもわからないなら、彼らを学校に迎え入れることで、直にそういう新しい教育を、ネイティブな学びを学校内部へ発信していこうと思ったんです。

新井:当時って、リーマンショックなどの影響もあり、受験市場も冷え込んでいた頃ですよね。

石川:そう。みんな受験をしなくなってしまったので、進学校化ばかりを推し進めてきた学校は苦労していました。私のなかではいずれ来るだろうと準備をしていましたし、逆にそういう社会背景が新しい教育スタイルの導入にとっては追い風になりましたね。

震災後に見る、新しい価値観の起こり

tyotto代表取締役の新井光樹

新井:石川先生は、どういう風に時代を読んでいたんですか?

石川:17、18歳くらいの頃からずっと「アンチ一律教育」の立場をとってきました。自分が学ぶ立場ならこういう教育が良い──。常に根底にあるのはそれだけなんです。

時代を読む上では、営業の経験も活きています。常に、世の中で何が求められているのかを考えていましたから。そういう癖がついているのかもしれません。

新井:それから現在に至るまで、新しい教育のあり方を模索し続けていますよね。

石川:はい。特に東日本大震災の後に世の中の価値観がリセットされて、難関大学への進学だけが正義じゃない、といった考え方が活発に見られるようになった気がします。

新井:どういう人が新しい教育を求め始めたんでしょうか?

石川:従来の日本企業は、タスク(ToDo)をひたすら処理することを優先した仕事スタイルでした。期限を守って、品質の高いものを納品することに長けたやり方ですね。

しかし高度経済成長も終わり、経済の風向きが変わります。2000年前後からはこれまでにない「新しいモノコト」を生み出すことが重要視されるようになりました。それに合わせて、企業の働き方もプロジェクトベースに変化していきました。

新しい教育を望んでくれたのは、そういう新たな価値観に触れた大人たちです。自分たちも企業の中で新しい価値観への適応に苦労しながら、特には全く文化の異なる海外企業とも接点を持ちながらゼロから価値を生み出そうとしてきた人たち。彼らが新しい教育を求めるようになったんです。

新井:なるほど。大人や企業側の変化が、学校教育にも影響を与えたんですね。

方向の定まらない教育改革、石川先生はどう見るか

新井:ここ最近は、入試制度改革などが色々と議論されていますけど、石川先生はこの方向性をどう見ていますか?

石川:改革をすること自体は大切かもしれませんが、新しいものに対して誰もイメージがない思いつきの状態で議論してしまっている感じを受けます。それではうまく機能しないですよね。

新井:改革を主導するのは、従来の教育を受けてきた人たちですしね。

石川:教育って誰もが受けているから、みんな自分の思いを語れてしまう。それがいいところでもあるんだけど、教育関係者は自分たちの経験で語りすぎてしまう節があります。今までの教育を受けてきて自分が成功したからって、全員がそうとは限らないし、社会の状況も全く違いますから。

私としては、改革当初にあったようなコンセプトをつぶさずに、育てていきたいと思っていたんですが……。

新井:改革全体の風潮としてはそれ自体が悪いわけじゃないけど、今議論されて決まりつつある内容は全くいけてないということですよね。本来はどうあるべきだと思いますか?

石川:はじめに言っていたことをそのままやってしまえばいいのに、と思いますよ。でも制度的に合わない設計なので、みんな混乱してしまっている。

新井:なぜそこをちゃんと対策できなかったんでしょうか。

石川:自分ゴトにしなかったんですよね。だから、世論関係のためにああいう風にやった。自分たちが未来のためにやったというエビデンスを残したかったんですよ。自分たちのせいじゃないという風に、やる気はあったんだけどできませんでしたと。

新井:では、教育改革って大きな改革のように言われるけど、意外と今と変わらないんですか?

石川:全く変わらないと思います。

ただし、そこに民間の予備校や学習塾が乗ってきます。社会の変わり目には、民間の方がしなやかに対応できますからね。

新井:それはつまり、民間の力が強ければ公立の方も変わるかもしれないということですよね。

石川:保護者がどこを転換点として見ているか、でしょうね。今は保護者も悩んでるから、既存の価値観に向かう傾向がありますが、上で話した通り、企業の働き方や求められている能力も変わっていく中で、既存の価値観と新しい価値観に向かう保護者の比重がどこかで変化するかもしれません。

新井:では、意外と政府がどう動かすかといったトップダウンの話ではなくて、サービスを受ける保護者側の意識がポイントになるんですね。

「自らに問い続けて」──石川先生から高校生へ

新井:こうした社会の動きの中で、当の高校生たちが取り残されてしまっているようにも感じます。石川さんが彼らに対して伝えたいメッセージはありますか?

石川:これまでの学校教育は、高校生から考える機会を奪ってしまいました。だから1つは、問いかけることの重要性を伝えたいです。なんでも良いのですが、自分自身に問いを立てると、モヤっとすることがあるはずです。

学校ではそのモヤを突き詰めずに、とりあえず、見栄えの良いストーリーにまとめてしまう。例えば、GMARCHに行けば、選択肢が広がるよ、みたいに。でもそれは決して自分の内側から出てきた価値観じゃありません。本当は、自分が何を思っているのか、問いを通してそれを確かめるべきです。

新井:本当にその通りですね。高校生が環境に左右されずにそういう問いとじっくり向き合うために、社会はどんなサポートをするべきでしょうか?

石川:学校に代わる場が必要だと思います。もちろん学校がそれを実現できればいいけど、その担い手である先生たちもそういう問いかけをされてきていないから、難しいですよね。

例えば面談で先生が「あなた本当は何をしたいの?」とそれっぽいことを聞いてみても、先生自身が自分なりの答えを持ってしまっているし、生徒もそれを察知して合わせに行ってしまうでしょう。ただの予定調和な会話です。問いにはなりません。

新井:学校の先生というある種の上下関係が成立してしまっていることが、原因の1つですよね。

石川:ですから先生も意識改革をする必要があるし、まずは先生自身が1人の人間として立って生きていないといけないと思います。

新井:学校が難しいとすると、例えば学習塾のような場所が子どもに問いかけをする場として機能する可能性があると考えていますか?

石川:そう思います。本当にしたいことの探し方を考える場になったらいいと思います。学校の先生たちの多くは未来が読めていないから既存の価値観に押し込めてしまう。もちろん誰も未来はわからないけど、そこにアンテナを張って生きていこうとする大人が増えて、そういう場が子供達に開かれてくればいいな、と。

これから何年後になるかわからないですが、親や子どもたちが「そもそも日本の大学でいいんだっけ」といった話が盛り上がってくると思います。

これまでのような教育側からの働き掛けではなく、世の中が新しい教育を求めるところに、学校も民間もうまく流れに乗っていけると良いな、と思います。

あなたはどう社会へ貢献する? 高校時代はそのための選択肢を知る時間

新井:最後に、少し親の目線で。もし石川先生に高校生の子どもがいたとしたら、どういったことを大切にしてほしいですか?

石川:世の中の一員として自分が何をいって貢献できるか、何をもってコミットしているかを考えてもらいたいです。生きていく上で、「役に立っている感」は歳を重ねても必要なものですから。

新井:一方で、高校生の多くはその貢献の仕方がわからずに悩んでいるようにも思います。それはどう見つけたら良いでしょうか?

石川:具体的な貢献の仕方よりも、たくさんインプットする時間にできればいいと思います。知識と経験を積むということですね。

教育も決してマインドだけで上手くいくものではありません。知識や、日々学ぶことが大切。学問を究める人、そを応援するフォロワーや、難しいことを面白おかしくデザインする人。スポーツが得意ならそれ人々を勇気づけるかもしれない。貢献の方法はたくさんありますから、まずは自分のポジション、未来の選択肢を知ることです。

新井:その選択肢を知るためにも、知識がなくてはいけませんね。素敵なお話をありがとうございました!

著者

アバター

チョットーク編集部

自分と社会の「ちょっと」先を考えるメディア、チョットーク編集部です。

おすすめの記事

「やりたい教育は20年前から変わっていなかった」:香里ヌヴェール学院学院長・石川一郎さん

2020/03/10

SDGs(持続可能な開発目標)とは?:世界を変えるための17の目標をわかりやすく解説

2020/03/08

仕事も未来も正解はない、まずは「タピオカが流行ったワケ」から考えよう

2020/02/21
チョットーク運営のtyotto塾
全国に展開中
神奈川
武蔵小杉
神奈川県川崎市中原区下沼部1760 カインド玉川4F
神奈川
川崎
神奈川県川崎市幸区大宮町14-4川崎中野ビル2F
埼玉
大宮
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-40 ニコニコ堂大宮本店ビル10F
千葉
千葉県柏市柏6-4-24 柏ビルディング6F
千葉
津田沼
千葉県船橋市前原町西2-14-2津田沼駅前安田ビル5F
大阪
上本町
大阪府大阪市天王寺区上汐3-2-17コモド上汐ビル7F
岐阜
岐阜
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2 新岐阜ビル2F
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。