発音問題で使える英単語のアクセントのルール!|英語勉強法

NO IMAGE

簡単そうに見えて、意外と足元をすくわれるのが英単語のアクセント問題。

こんなところで、ライバルに差をつけられたくないところですよね。

かと言って、1個1個覚えるなんて、とてもじゃないけど時間が足りない!

そんなあなたに、発音問題で使える英単語のアクセントのルールをご紹介します。

 

1.単語+単語の組み合わせからなる単語のアクセントは前の単語の母音

boyfriend

classroom

この単語のように、語+単語の組み合わせからなる単語のアクセントは、前の単語の母音です。

つまり、boyfriend(boy+friend)の場合、”boy”の方にアクセントがあります。

 

2.”-tion”で終わる単語のアクセントは直前の母音

communication

organization

この単語のように、”-tion”で終わる単語のアクセントは、直前の母音です。

decisionのように、”-sion”で終わる単語も同様です。

 

例えば、internationalization。

一見長くて難しそうに見える単語でも、このルールを当てはめると、-tionの直前の母音”a”にアクセントがあると分かります。

 

3.”-ate”で終わる単語のアクセントは2つ前の母音

chocolate

indicate

この単語のように、”-ate”で終わる単語のアクセントは、2つ前の母音です。

 

ただし、”adequate”のように、”-ate”の前に母音が1つしかない場合は、このルールは適用されないので注意が必要です。

 

 

例外のないルールはないとは言われますが、これだけでも知っているのと知らないのとでは、差が出てきます。

しっかり覚えて、華麗にアクセント問題を解きましょう!