不等号の符号の向きが変わるときとは?計算方法|数学勉強法

NO IMAGE

ポイント

不等号は変数の前にーがあると向きが逆になる

 

例題1

-X+5≧4

解き方

ーx≧4ー5

  ーx≧ー1

x≦1

  1. まず、5を右辺に移します
  2. その際、5はー5となります
  3. 右辺は4ー5となり、ー1となります
  4. 左辺はーxなので、xとした際に不等号の向きが逆になります
  5. その際、右辺のー1も1になります

 

例題2

 xーy>3

解き方

ーy>3ーx

y<xー3

  1. まず、xを右辺に移します
  2. その際、xはーxとなります
  3. 右辺は3ーxとなります
  4. 左辺はーyなのでyとした際に不等号の向きが逆になります
  5. その際、右辺の3ーxもxー3になります

おさらい

  1. 不等式でも、左辺と右辺の計算は普通の方程式と同じようにする
  2. ≧と=がついていようが>と=がついていなかろうが計算は同じようにする
  3. 変数の前にーがついているときだけ向きに注意し、+の時は気にせず方程式のように計算する