知ってると得する!?マウリヤ朝ってどんな王朝?

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

今回はマウリヤ朝について解説します。
マウリヤ朝は紀元前四世紀頃に興ったインドの王朝です。
少しずつ整理していきましょう。

その頃の動きをガンジス川、インダス川で分けて見ていきます。

(教科書上の地図で必ず確認を!!)

 

ガンジス川

紀元前四世紀、マガダ国がナンダ朝のもとで発展し、ガンジス川全流域を統一。

インダス川

紀元前四世紀後半にアレクサンドロスにより征服。ギリシャ勢力の支配下に。

 

マウリヤ朝はチャンドラグプタ王のもと、両大河を統一した初めての王朝と言われています。
彼はナンダ朝からマガダ国の王位を奪うと、パータリプトラに都を置き、アレクサンドロスの死後のインダス川流域からギリシャ勢を一掃しました。

よく試験で見かけるのは3代目のアショーカ王の時代です。
キーワードとしては、
①仏教への信仰を深めた
②武力の放棄
③万人の守るべき理法(ダルマ)による統治
です。

アジアの古代文明の統一国家の成立ということでマウリヤ朝の成り立ちの流れと最低限覚えていなくてはいけない重要キーワードを挙げました。
わからない用語は必ず用語集で確認してください!

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio